得意を活かして先生に!自宅で英会話を教えよう

自宅で英会話教室を開くためのヒントサイト

自宅で英会話教室を開くためのサポート特集

自分で教室の内容を企画し、教材を用意し、宣伝して生徒を集める場合と、大手フランチャイズが準備した内容で教室を開く場合のメリットとデメリットを書いてみました。自分の開きたい教室のイメージに照らし合わせて、どのように英会話教室を開くか参考にしてください。 もっと読む

自分で開く教室か大手フランチャイズで開くか

英語が得意で普通に話せる人が増えてきました。誰かに英語を教えたい、子どものための英会話教室を開きたいと思っても、いざ教室を開こうと思ったら何から手をつけるかわからない。そういう場合に役に立つ英会話教室を自宅で開くためのヒントをまとめてみました。
最近では、英会話教室はたくさんあり、英語を母国語とする人が教師をしている場合も多いです。そういった教室に対抗して生徒を集めなければなりません。そのためには、この教室に通いたいと思ってもらえる特色を打ち出す必要があります。
また、自分自身で教室を企画して作っていく場合もありますし、大手フランチャイズ形式の教室を開く場合もあります。
また英会話教室を開いたらすぐ生徒が集まるわけではありません。宣伝もし、口コミにも期待したいところです。
しかし、不安に思って立ち止まる必要はありません。自宅で英会話を教える教室を自分自身の企画で進める場合は、あまり初期費用がかからないため、楽しむところから初めてもいいのです。そこからだんだんと口コミで生徒が増えていく場合もあります。
フランチャイズでしたら教材や教え方など支援してもらえ、知名度も高いので、生徒が集まりやすいでしょう。ただし、ロイヤリティが発生するので、月謝=収入とはなりません。
せっかく高い英会話能力を持っているなら、その能力を生かして仕事につなげていきませんか。またその結果、英会話を教えた生徒の世界が広がっていくのもうれしいことです。

自分の企画で英会話教室を開く

自分自身で英会話教室の内容を考えて作り上げるには、どのようなことを考える必要があるでしょうか。大手フランチャイズの教室では、ノウハウや環境などだいたいのものが提供されているため、先生として生徒に教えることのみが重要になってきます。しかし自分で教室を作るには、すべてを自分でこなす必要があります。 もっと読む

教室をイメージして生徒を集めよう

自分で英会話教室を開く場合は、宣伝して生徒を集める必要があります。 宣伝の内容すら自分で考えます。不安を感じるかもしれませんが、教室が小規模か大規模か、生徒は大人か子どもか、自分で開きたい教室のイメージをしっかり持てば、それほど難しいことではありません。 もっと読む